節税を考慮する場合も税理士が魅力的

相続税について相談
画像引用元 <ソレイユ:税理士に相続相談>

相続が起る前に、節税をしっかり考えて対応していきたいという場合、これも個人によって状況が違うため、税務署で相談しても対応できないことが多いです。そのため、相続に関して節税を考えたいという場合も税理士に相談する方が安心です。

節税、税務案件に慣れている税理士の場合、相続に関することや節税に関する事等詳しく相談に応じてくれるので、少しでも相続後、残されたご家族に負担をかけないようにしたいと考えれば、税理士にしっかりと相談してみるべきでしょう。例えば相続税の対策として生前贈与という形があります。被相続人が生存している間に財産をわたし、相続する際に残る財産を下げておくことで相続税を少しでも抑えようという方法です。

この場合は、贈与税の仕組みを考えて生前贈与し節税対策とします。例えば一番簡単な方法としては、毎年110万円ずつ生前贈与していくという方法です。贈与税基礎控除は110万円なので、毎年贈与税非課税分のみ、財産を分割して渡し続けて、税金を発生させずに相続の際に残る財産を減少させます。

但しこの場合、被相続人が高齢であり、相続直前に贈与したとなると贈与と認められないということもありますし、しかるべき贈与としての記録がなければ贈与されていないということにもなります。こうした生前贈与も「簡単に考えて」行うと、後から意味のないことにつながってしまうので、税理士に相談しながら正確に対応していくことが求められるのです。

このほかにも、相続税に関する節税方法はいくつか存在します。現在の家族状況、年齢に沿ってしっかりと税理士に相談しながら行っていくことで一番適した方法を選択する事が出来るでしょう。

実際にどのくらいの相続税がかかるのか知りたい

相続についてこの先、自分がいなくなる前にしっかりと決めておきたいと考えている方も多いと思いますが、相続税の計算は非常に複雑で資料を集めることも必要であり、長い期間がかかる事もあります。税務署では相続税が発生し、その申告について手続は説明してくれても、相続に対する個々の問題などについては対応してくれませんし、相続税の計算に関しても応じてくれません。相続税の計算が複雑ではなく、おおよそ金額がわかるという場合はいいのですが、複雑で難しいという場合などには、税理士に相談することをお勧めします。

必要資料に関しても、あちこちから収集しなければならないため、労力と時間が必要です。一般に仕事をされている方が、相続税の計算に必要な資料を集めるというのは非常に大変な事ですが、税理士は専門科なので一般の方よりも集めやすくなります

相続税に関しては法律改正があったため、これまで相続に関して計算する必要がないと考えていた人であっても、しっかりと計算し相続税の申告が必要になるという方が多くなっているようです。平成26年12月31日までは定額控除が5000万円でしたし、法定相続人に関しても1000万円に法定相続だったものが、平成27年1月1日以降の定額控除は3000万円、法定相続人は600万円に法定相続と変更されています。

基礎控除額改正前であれば相続税が関係なかった方も、改正されてからは相続税が発生する可能性が高くなっているということです。例えば4人家族で夫が亡くなり法定相続人が3人となる場合、改正前なら5000万円+1000万×3人で8000万円以上の遺産を受け取る場合に相続税が発生していました。しかし改正後は3000万+600万×3人となるので、4800万円以上の遺産を受け取る場合に相続税が発生することになり、以前よりも相続税の発生が多いということがわかります。都市部にお住まいの方で地価が高額という地域では、不動産所有のみであっても相続税が大きくかかる事があるため、相続税の計算をしておく方が安心なのです。

相続相談はどの専門家に依頼すればいいのか

土地や建物、その他保有されている財産等がある場合、ある程度の年齢になったら相続を考えるようになります。また相続をどのようにするか決める以前に、お亡くなりになり、残されたご家族が相続の手続き等を行うこともあります。相続があれば相続税が発生し、しかるべき金額を支払わなければなりません。

すぐに支払う事が出来ればいいのですが、財産が大きく相続税が驚くほどの額になる事もあり、できればしっかりと相続について考え、専門家に相続相談し問題が起らないようにしておくべきです。また相続税に関して問題が発生した場合に、税務署で相談し楽に解決できればいいのですが、複雑な問題が発生した場合には、やはり専門家に相談すべき事態となります。この時、誰に相談すればいいのか?と迷う方もいますが、税に関して全体的に問題を解決してくれるのは税理士です。

相続相談に関して複数人の法定相続人がいて、相続そのものについて争いが起きているという場合も相続相談に強い税理士ならしかるべき対応をしてくれると思います。税理士というのは、個人や企業等の税金についてサポートする仕事で、税金についてはかなり複雑な要素を持っているため、税金についての専門家へ相談することがのぞまれるのです。

所得税や法人税、贈与税や事業税、そして相続税など、私達は様々な納税義務を持っているので、相続の際にもあわてず、しっかりと税金の支払いをしていかなければなりません。円滑に、適切に税を納めるためにも、相続に関する税金の問題をきちんと解決し、対応するためにも専門家に依頼し、後にトラブルが起らないようにしていくべきです。

税理士の中にも相続の税金問題についてより詳しい専門家を選び、どのような問題があるのか、またこれから相続について考える方も、税理士に節税などを考慮した対応等も相談していくといいでしょう。