節税を考慮する場合も税理士が魅力的

相続税について相談
画像引用元 <ソレイユ:税理士に相続相談>

相続が起る前に、節税をしっかり考えて対応していきたいという場合、これも個人によって状況が違うため、税務署で相談しても対応できないことが多いです。そのため、相続に関して節税を考えたいという場合も税理士に相談する方が安心です。

節税、税務案件に慣れている税理士の場合、相続に関することや節税に関する事等詳しく相談に応じてくれるので、少しでも相続後、残されたご家族に負担をかけないようにしたいと考えれば、税理士にしっかりと相談してみるべきでしょう。例えば相続税の対策として生前贈与という形があります。被相続人が生存している間に財産をわたし、相続する際に残る財産を下げておくことで相続税を少しでも抑えようという方法です。

この場合は、贈与税の仕組みを考えて生前贈与し節税対策とします。例えば一番簡単な方法としては、毎年110万円ずつ生前贈与していくという方法です。贈与税基礎控除は110万円なので、毎年贈与税非課税分のみ、財産を分割して渡し続けて、税金を発生させずに相続の際に残る財産を減少させます。

但しこの場合、被相続人が高齢であり、相続直前に贈与したとなると贈与と認められないということもありますし、しかるべき贈与としての記録がなければ贈与されていないということにもなります。こうした生前贈与も「簡単に考えて」行うと、後から意味のないことにつながってしまうので、税理士に相談しながら正確に対応していくことが求められるのです。

このほかにも、相続税に関する節税方法はいくつか存在します。現在の家族状況、年齢に沿ってしっかりと税理士に相談しながら行っていくことで一番適した方法を選択する事が出来るでしょう。