実際にどのくらいの相続税がかかるのか知りたい

相続についてこの先、自分がいなくなる前にしっかりと決めておきたいと考えている方も多いと思いますが、相続税の計算は非常に複雑で資料を集めることも必要であり、長い期間がかかる事もあります。税務署では相続税が発生し、その申告について手続は説明してくれても、相続に対する個々の問題などについては対応してくれませんし、相続税の計算に関しても応じてくれません。相続税の計算が複雑ではなく、おおよそ金額がわかるという場合はいいのですが、複雑で難しいという場合などには、税理士に相談することをお勧めします。

必要資料に関しても、あちこちから収集しなければならないため、労力と時間が必要です。一般に仕事をされている方が、相続税の計算に必要な資料を集めるというのは非常に大変な事ですが、税理士は専門科なので一般の方よりも集めやすくなります

相続税に関しては法律改正があったため、これまで相続に関して計算する必要がないと考えていた人であっても、しっかりと計算し相続税の申告が必要になるという方が多くなっているようです。平成26年12月31日までは定額控除が5000万円でしたし、法定相続人に関しても1000万円に法定相続だったものが、平成27年1月1日以降の定額控除は3000万円、法定相続人は600万円に法定相続と変更されています。

基礎控除額改正前であれば相続税が関係なかった方も、改正されてからは相続税が発生する可能性が高くなっているということです。例えば4人家族で夫が亡くなり法定相続人が3人となる場合、改正前なら5000万円+1000万×3人で8000万円以上の遺産を受け取る場合に相続税が発生していました。しかし改正後は3000万+600万×3人となるので、4800万円以上の遺産を受け取る場合に相続税が発生することになり、以前よりも相続税の発生が多いということがわかります。都市部にお住まいの方で地価が高額という地域では、不動産所有のみであっても相続税が大きくかかる事があるため、相続税の計算をしておく方が安心なのです。